• Taka Iwamoto

人生の運を拓く究極の氣づき

もし目には見えない存在がいて、私たちのことを常に応援してくれているとしたら、それは誰だろう?

例えば、天や神仏、エンジェルがいると仮定したとしよう。私たちが神社やお寺、教会で何かお願い事をしたり、祈ったりしたとする。

そうした個人の想いに応えることは、はたして天や神仏の役目だろうか?

私にはそうは思えません。天や神仏は人類の運命とそれにまつわるご縁を結ぶことをするが、個人の願い事に応えるといった一個人を支える役目は、別の存在が担っていると考えます。

では、個人のことを心底応援してくれる存在は?....

その存在に氣づくこと、そうすれば自然と「ありがたい」と感謝の想いに溢れるでしょう。

そしてそれは、人生の究極の生き方につながると思うのです。

この動画は、あなたの究極の生き方への道標となって欲しいと思い、用意しました。





追伸. 動画をご覧になったあなたへ


ぜひ、1日の始まりにあなたの4代前までの先祖30人のことに想いをはせてください。


あなたに生きるために必要な能力、才能、身体、免疫力、知恵を伝承してくれた先祖です。


あなたは、彼らの存在があって、彼らが様々な人生の苦難を乗り越えて生きてくれたからこそ、今のあなたが存在しています。


彼らは、あなたのためにそうしたのです。


あなたは、生かされているのです。


生まれてきてよかったですね。生きていること、喜ばしいですね。


どうぞ先祖30人に想いを馳せ「ありがとう」と感謝を伝えてください。


そして、今日これから会う人たちとのご縁に想いを馳せてください。


今日会う人たちは、あなたの人生を彩る運命の人たちです。


今日会う人たちへのご縁に感謝しましょう。


素晴らしいご縁になることを願って。


できるならば、先祖30名への感謝の心、そして今日会う人たちへの感謝。家族の存在に感謝の言葉を紙に書き出してみてください。


紙に書き出すという行為は、ただ心に想うだけよりも、あなたがより強く意識を向けることを意味します。


あなたの1日18時間のうちの、ほんの5分だけ。しっかりと感謝の心を向けてみてください。


続けること、継続すること、なかなか難しいかもしれません。


まずは3日間を目標に感謝日記をつけてみてください。


もし3日間続けられたなら、今度は3週間続けることを目標にしてみてください。


それをクリアしたら、今度は30日間続けることを目標に続けてください。


それもクリアしたのなら、3ヶ月間続けることを目標にしてみてください。


3ヶ月継続できたら、おめでとうございます。


あなたにとって感謝することは習慣になっています。


あなたは感謝の達人です。


あなたの人生の風景は、3ヶ月前と大きく変わっているはずです。


そして、あなたは周りの人たちに影響を与える存在になっていることでしょう。


続けてくれてありがとう。


あなたの感謝日記が日本を、そして世界をより素敵な場になることに貢献してくれました。


601 views