• Taka Iwamoto

ブレイン・アップグレードOnline



第7期生(10/17〜12/19)



「(記憶メソッドで学んだ)イメージの力にびっくり!自分にもできるんだ!しかも忘れない、すぐ思い出せる!」

ー記憶メソッドを始めて30分以内に記憶力850%向上した受講生ー



事業家、講演家、政治家、医師、技術者、プロのアスリート、ミュージシャン、芸術家、料理人... 分野を問わず一流と評されている人たちに共通していることがあります。


それは記憶力が抜群に優れていること!


その証拠に、「仕事ができる」と言われている人を想像してみてほしい。


彼らは、問題に直面した時、慌てることなく即座に対応できます。


他の人が思いつかないようなアイデアを、直感的な閃きでもって着想し、困難を打開します。


✔︎ 事業家であれば、不測の事態が起きた時...


✔︎ 講演家であれば、聴衆からの質問に対して...


✔︎ 野球の打者であれば、相手投手の虚をつく変化球に対して...


✔︎ 技術者であれば、機械トラブルに対して...


彼らは直感的に、適切な答えを見つけることができます。


では、その直感はどこから生まれるのか?何を根拠にしているのか?


それは彼らは意識的/無意識的に、これまでに学んだ知識、経験して身に付けたノウハウにアクセスして、インスピレーションを得ているのです。


私がかつて外資系の大手経営コンサルティング会社に勤めていたとき、世界的な大企業の経営者から常に単独指名を受ける優秀なコンサルタントがいました。その彼の知識量と広範囲の分野にわたる知識、そして経験に裏打ちされたノウハウは群を抜いたものでした。


一流の人が一流である理由・・・それは研究し、学んだことを憶えている。練習し、経験したことを憶えている=身につけている点にあります。


優秀な人は経験値が高いと言われますが、経験値とは、単に経験の数が多いということではありません。経験したことを記憶していることを意味します。


そして...


記憶力とは、記憶した情報やノウハウを自分の意思でいつでも必要な時に、アクセスし、思い出し、活用できる脳力のこと


「思い出す時もあれば、思い出せない時もある」といった不確実で心もとないものとは一線を画します。


つまり...


自分の意思で思い出したい記憶にアクセスすることができる=記憶力です!




想像してみてください。


これまであなたが読んだ本から学んだ重要な知識を、すべて記憶しているとしたら...


同じ本を読み返したり、同じ内容の本を購入するといった、あなたの貴重な時間とお金をどれだけセーブできるでしょうか?


あなたがこれまで仕事上、知り合った重要なクライアント、取引先の名前をすべて記憶しているとしたら、仕事で成功するためのチャンスと幸運を引き寄せる確率を高めてくれると思いませんか?


逆に、これはどうでしょう?


一度会ったことがある人と再会したとき、相手は自分のことを憶えているのに、自分は相手を憶えていない。顔は憶えているけど、名前が出てこないとしたら?...


特に問題ない・・・・と、思うかもしれません...


しかし!


相手の名前を覚えているかどうか・・・決して過小評価してはいけません。


私たちが最も愛着をもつのは、自身の名前です。名前はそれぞれの人にとって重要な意味を持ちます。


だからこそ、あなたが影響力を持ちたいのであれば、人の名前を憶えていることはリーダーシップ・スキルの中で最も重要なスキルであることを知っておくべきです!


例えば、第42代アメリカ大統領のビル・クリントンは、講演会や選挙演説、パーティーで知りあった人たちの名前を憶える天才だそうです。


大統領ともなると、それこそ知り合う人たち、紹介される人たちの数は相当な数になります。


一方で、一般の人たちにとって大統領は雲の上の存在であろうし、まさか当人が自分のことを憶えているとは期待しないでしょう。


そこでもし、クリントン大統領と別の機会に再会したとき、自分の名前を呼んでくれたとしたらどうでしょう?


それは驚きであるとともに、何よりも嬉しく興奮する体験ではないでしょうか。


アメリカ大統領が自分のことを覚えていた・・・これだけで自分がスペシャルな存在になった氣がするでしょうし、自己肯定感は上がり、知人に自慢したくなるのではないでしょうか。


クリントン大統領の大ファンになるであろうことは想像に難くないはずです。より親しみを感じ、全力で応援したくなるでしょう。そして選挙ともなれば、知人や友人にクリントン大統領への投票を呼び掛けることでしょう。


こうしてクリントン大統領は、再選し、見事に大統領としての最長任期である2期を務め、引退後も講演依頼がひっきりなしにあるほど人氣があります。


日本でも田中角栄元首相が人の名前を憶える達人だったことはよく知られていますね。


政治家でなくても、ビジネスや社会活動では、人から愛される、応援されることは、何にも代えがたい非常に重要な要素です。


ビジネスであれば、お客様からの応援、取引先からの協力、サポートしてくれるパートナーの存在。


講演家や著者であれば、ファンとなってくれる読者、出版社の担当者、他の有力な講演家からの応援。


あなたがこれから起業したり、趣味の活動をする場合も同じことです。


スポーツ、音楽、芸術... 分野を問わず、すべて社会で生きている限り、周りに応援してくれ、信頼してくれる人の存在は、宝物のように価値ある財産となります。


とにかく注意しなければならないのは...


物忘れや、憶えていないことに対して、軽視し、十分に注意を向けず、軽く流してしまうことです。


その度に、大事な財産(応援者)を失っている可能性があることを認識することです。


そして、このことは本当に重要なことなので覚えておいてください...


“年齢とともに物忘れが多くなる、記憶力が低下(劣化)していくのは仕方がない...”

という誤った思い込みを捨てること!


この誤った思い込みを受け入れてしまうと、 老化=記憶力の劣化が進行します。


あなたは自身の脳力が年々劣っていくことを認識するでしょう。


結果的に自信を失うでしょう。目標や夢を以前よりも低く設定し、結果的に夢をあきらめることでしょう。


記憶について正しい認識を持つことは、記憶力を向上させる重要な第一歩です。


私たちは、脳が本来持つ力の10分の1も使用していないそうです。脳力を全然活かしていないのに、これからなぜ年齢とともに記憶力が低下すると言えるのでしょう。


現在使っていない大半の脳力を使えば、記憶力はもっともっと伸びるということは、考えればわかります。


さて、では使っていない脳力にどうやってアクセスすればいいのでしょうか?


それは、今までやっていない記憶の方法を実行すれば、使っていない脳にアクセスできます。


これまでと同じ記憶のやり方を続ける限り、これまでと同じ脳の部位を使うだけです。



従来の記憶法・・・つまり、反復学習法です。


記憶したい1つ同じことを何度も暗誦したり、紙に書き出したりして繰り返す。


確かに反復学習は記憶するのに有効ですし、効果があります。


しかし、残念ながらとても時間がかかり非効率です。


それに何と言っても同じことを何度も繰り返すという実に退屈です。


楽しくないです!


受験勉強の時を思い出せば、私が言っている意味がお分かりになるでしょう。


実は...


ここまでお伝えしてきたことは、何を隠そう、私自身がすべて痛い経験を伴いながら経験し、危機感を持ったことでした。


仕事上、ちょっとした物忘れが多くなり、スタッフに指示したことも記憶が定かでなくなったり、講演のときに話そうと思っていたことを忘れてしまったり...


セミナーの受講生の名前を憶えられず、申し訳ない思いをしたり...


そしてプライベートでは、妻から過去の思い出について憶えていないことを責められたり..


そこで、記憶力を若い時、いやそれ以上に記憶力を高めて、これからもっともっと学び、それを記憶し、生涯にわたって記憶を保持し、いつでも必要なとき、思い出したい時に学んだことを活用できるようになりたい!


そこで世界で最も実践的で効果のある記憶メソッドをもとめて探しました。


まず手がかりとしたのは、私のビジネスパートナーであり世界的な人間行動学のスペシャリストであるドクター・ディマティーニに、どういう記憶法を使っているかを尋ねました。


彼は年間平均340回の講演を世界中で行なっており、資料など一切見ることなくスピーチします。しかも3万冊以上の本を読み、その内容のほとんどを憶えているので記憶法について教えてもらうのにふさわしいコーチです。


ドクター・ディマティーニが教えてくれた記憶法は、彼が独自に開発したもので、それまで反復学習法しか知らなかった私にとっては、非常に画期的なものでインスパイアされました。


ただ、世界にはもっと他にも優れた記憶メソッドがあるはずだと、さらに探求を進めます。


脳や記憶をテーマにした本を読んだり記録力に関する教材を購入したりYouTubeなどネットの動画を検索したりして、本当に効果のある記憶メソッドを探し求めました。


それらのメソッドには、特殊な目の使い方をしたり、右脳を活用したものやフォトグラフィックメモリーといって写真のように脳に写し込むといったものがあったのですが、個人的に習得するのに時間がかかり、また効果を自覚できずらいものでした。


私が記憶メソッドにもとめたのは、習得に時間がかからず万人に同じ効果があり、わかりやすく、その記憶したものを長期にわたって保持できること。そしてそれと同じくらい大事なこととして、記憶することが楽しいと感じれるものです。


その探求の結果行きついたのがブレイン・アップグレードでした。


それは、1冊の本、一人の講師による記憶メソッドではなく、複数のメソッドとマスターレベルの講師たちが共通して教えているテクニックと理論を統合したものです。


そして何より、自分でそのメソッドを実践して、即効性と記憶の保持が確証できたものを選び、組み合わせ、体系化し、その結果として...


ブレイン・アップグレード』という体系化されたメソッドが出来上がりました。


このメソッドに含まれるテクニックの1つ1つは、私のオリジナルではなく、記憶力を競う世界大会"World Memory Championship" に出場しているMemory Master(記憶の達人)たちが実際に使っている記憶テクニックです。


それを単なる記憶メソッドという情報にとどめず、実際にそのメソッドを習得するためのエクササイズを、私が(ブレイン)コーチとしてインストラクションとガイダンスをしながら進行していくプログラムとしてまとめたのが『ブレイン・アップグレード・オンライン・コース』です。


このブレイン・アップグレードのメソッドですが、たとえ世界的な記憶の達人が行なっているからといって、それが一般に、そしてあなたに効果的なメソッドとは限りません。


そこで、ブレイン・アップグレード・オンライン・コースの一部を簡略化して体験してもらうセミナーを2019年7月12日に『ブレイン・アップグレード成果体験セミナー』として開催しました。


本セミナーを案内する際に「2時間で記憶力が3倍になる」とうたっていたのですが、実際にセミナー参加した受講生が得た効果はどうだったかというと...


なんと!


記憶メソッドの実施前と実施後の記憶の改善率(実施後の記憶したアイテムの数➗実施前に記憶したアイテムの数)は、平均380パーセント(最も改善した人の改善率は850パーセント)でした。


しかも、記憶の改善を実感するまでにかかった時間は平均30分


つまり、2時間で3倍」どころか「30分で3.8倍!だったわけです。


素晴らしい成果と言えます。



◾️ BUオンライン・コースを修了した受講生の声


BUオンライン・コースを受講し終えた第1期生から受講中にいただいたシェアと感想を紹介します。


赤川大輔さま 「名前を覚えるのが、苦手です。 なので、今回のメソッドは、まさに”まってました!”という内容でした。 そして、今朝、時々仕事でお世話になってる方で、全然名前覚えられなくて、いつも会った時に胸にネームカードを下げてるので、それ見て名前を思い出してる人がいるのですが、(そういう方がけっこういます(笑)) 早速、使ってみました! で、簡単に覚えました(^^)」


高橋遼太さま 「長期記憶、中間記憶、短期記憶。講座中ワークがたくさんで頭がフル回転、でも楽しい。 ワーク中、同じ概念(数字)に既に何かしらのイメージがついていると、情報が重複し混乱するように感じられました。 とういうのも、第1回の数字が完全に入っていたので書き換えに少し時間がかかりました。 でも、T.I.Pで絵にして繰り返し、リバースすると更新も容易にできたと思います。 明らかに自分に求める基準と結果が高くなっているのを感じます笑 結果もメソッドを知らないでやっていたら、できていなかったかもしれない、、、。 今回のアサインメントを通して、自分なりのPeg(長期記憶)を持っているだけで一生の武器になりますね。武器を洗練させていきます。」


宮原今日子さま 「17条の憲法なんて、全く覚えようとも思いませんでしたが、覚えられるんですね〜。 長文が出てきたときに覚えるのを諦めるのではなく、チャレンジしたいと思います!」


古宮昇さま 「2日前に講演をしたときに、壇上からこのBUメソッドを使って、覚えておきたかった7つのことがスラスラ出て来ました!」


中村正一さま 「長期記憶に結びつけて覚える。しかも面白おかしく。 なるほどなと思います。このメソッド、やってて楽しいからなおいいですね。 17条憲法が、いとも簡単に覚えることができてほんとびっくりです。これまでなら、17条憲法なんて、覚えろといわれても、やる前から諦めていたと思います。 でも、近ごろは、記憶するということに、あまりハードルを感じなくなってきています。これすごい変化ですよね。 いろいろ覚えてみようという意欲も湧いてきています。 こうしたいろいろな知識を記憶できれば、すごく役に立つと思いますし、自分自身がレベルアップしていきますよね。 いやーほんと面白いです。」


林佑哉さま 「リバースをすると、何か脳の違う部分が動いている感覚がありました。 「思い出す」という感じなのかな。 脳に汗かく感じでしょうか。 思い出すからこそ、入力したものを「出力」する作業になり、より記憶に定着するのかなと思いました。」



もう一人、フルレビューをしてくれた鹿又晄さまからの感想文を紹介します。



◾️ BUOで学ぶ仲間のコミュニティー


BUOの学びの特徴は、各講座での学びを終える度に、アサインメント(課題)に取り組み、それをFacebookに設けたBUO受講生のコミュニティページでシェアをし、それに対し私や他の受講生がコメントを追加し、さらに記憶テクニックの理解を深めます。


実際に第5期の受講生のコミュニティページにシェアした投稿を紹介します。







と、こんな感じで受講生がお互いに楽しみながら学んでいます。


講座はほの一週間に一度の配信です。放映を見逃した場合でもアーカイブがございますので、ご自分のペースでインターネットがあれば、いつでもどこでも学習できます。 また、アーカイブ(録画)もありますので、ご安心ください。



◾️ ブレイン・アップグレードを学ぶメリット




◾️ コーススケジュール


ブレイン・アップグレードは2020年6月13日〜8月15日まで週1回X10週間にわたって配信する動画を見ながら学習するプログラムです。


配信を見逃した場合は、アーカイブがございます。また、アーカイブは少なくとも2年以上アクセスできますので最後の第10週の配信後も2年間は繰り返し復習することができます


配信する講座内容と日程は以下のとおりです。




◾️ オンラインコース受講料と申し込み方法


■ ブレイン・アップグレード・オンライン・コース

■ プログラム期間:9週間+1回ボーナスセッション=合計10週間

■ 受講料:定価 $1,200 (税込)→特別割引価格 $870

■ 販売元:RockNoble,Inc. &やる気研究所(株式会社イー・エム・ズィー)

※キャンセル規定 お申込み後、決済が完了しますと受講料の返金はできません。ご承諾の上、お申込みください。


<申込み方法>


下のボタンをクリックしてお手続きください。

↓ ↓ ↓

※申込時の決済はクレジットカードのみとなります。 なお、JCBカードはお取り扱いできません。




※申込時の決済はクレジットカードのみとなります。 なお、JCBカードはお取り扱いできません。